夏の怖い思い出

女の子ならだれでも絶対持っていたお人形。

私はお人形が大好きで、リカちゃんやらバービィちゃんやらティモテやら

100体以上持っていました。

 

でも、やっぱり子供ですから、新しいお人形を買ってもらうとそれが一番になって

他のお人形は箪笥の中に無造作に閉まってしまうんです。

中にはお洋服を着ていなかった子もたくさんいました。

 

ある日、TVで怖い番組がやっていたんですよ。

あの、タモリさんが司会のよく夏にやるやつです。

 

その中でお人形さんの怖い話がやっていたんです。

大事にしていなかったお人形が、首取れたり脚取れたりしながら襲いかかった来る、

的な内容だった気がします。

 

もうそれ見て私は恐怖心が半端ない…

思い当たる節がありすぎたんです^^;

 

で、母に頼みこんで一緒に100体のお人形を全部綺麗に服を着せて、髪を結って、

綺麗に並べました。泣きながら(笑)

 

今では子供に「お人形は大事にしないと~・・」って言ってる私(笑)

いい思い出です。